朝さろん 74th morning

服従 (河出文庫 ウ 6-3)
朝さろん 74th morning
『服従』 ミシェル・ウェルベック
〈”自由”はいつも、私が考えているよりも複雑だ〉


日 時:2017年11月5日(日)9:05-12:00 ※都合により開催週を変更しています※
参加費:1500円程度(ワンドリンク、室料、運営費、資料代込み)
場 所:渋谷周辺の会議室利用予定(ご予約時にご案内いたします)
 本 :『服従』 ミシェル・ウェルベック(河出文庫) 
定 員:8名程度(要予約)
バリスタ(進行):芹沢
ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com
内 容:
◆新シーズン2回目です。今シーズンは海外の作品を読みながら考えてみます。
あらすじ 『2022年仏大統領選。極右・国民戦線マリーヌ・ル・ペンと、穏健イスラーム政党党首が決選に挑む。しかし各地の投票所でテロが発生。国全体に報道管制が敷かれ、パリ第三大学教員のぼくは、若く美しい恋人と別れてパリを後にする。テロと移民にあえぐ国家を舞台に個人と自由の果てを描き、世界の激動を予言する傑作長篇。』


【開催概要】
 《朝さろん》第2週の日曜AMに開催(都合により開催週変更の場合あり)

朝さろん 75th morning

マイケル・K (岩波文庫)
朝さろん 75th morning
『マイケル・K』 J.M.クッツェー
〈”自由”はいつも、君が考えているよりも複雑だ〉


日 時:2017年12月10日(日)9:05-12:00
参加費:1500円程度(ワンドリンク、室料、運営費、資料代込み)
場 所:渋谷周辺の会議室利用予定(ご予約時にご案内いたします)
 本 :『マイケル・K』 J.M.クッツェー (岩波文庫) 
定 員:8名程度(要予約)
バリスタ(進行):芹沢
ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com
内 容:
◆世界の文学作品を読みながら”自由”を考えてみるシーズン、完結編です。
あらすじ 『土のように優しくなりさえすればいい――。内戦下の南アフリカ。手押し車に病気の母親を乗せて、騒乱のケープタウンから内陸の農場をめざすマイケル。内戦の火の粉が飛びかう荒野をひたすら歩きつづける彼は、大地との交感に日々を過ごし、キャンプに収容されても逃走する。……国家の運命に巻き込まれながら、精神の自由を求めて放浪する一個の人間のすがたを描く、ノーベル賞作家の代表作。』


【開催概要】
 《朝さろん》第2週の日曜AMに開催(都合により開催週変更の場合あり)