第147回「チャレンジ」

テーマは
 「チャレンジ」

進行 :野田

日時 :2023年01月21日(土)15:00~17:00

会場 :zoom会議(URLはチケットご購入後ご連絡いたします)にて 定員10名

参加料:630円

予約 :こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com

▽司会から:
・今年一年何をするか、考えることもあると思います。何かに
チャレンジすることについて考えます。

●携帯からメールを送信される場合、お返事のメールが受信できるよう
迷惑メール設定を適切にご変更願います。
●さろん哲学は原則【毎月第3土曜】に開催しています
●さろんのイベントに参加申し込みをされた方にはもれなく毎月メール
ニュースが配信されます。

・当日の心構え、ルール、コツについて:
1. お勧めする心構え
 ・下記のような心構えで参加頂くと、対話を愉しめます:
  ・じっくり、ゆったり考える。
  ・他者の発言を敬意を持って最後まで聴く。また、分からないことは
   遠慮なく質問する。
  ・自分の考えや前提を見直す。

2. 禁止事項
 ・下記の迷惑行為をされた参加者はご退場頂く場合がありますので、
  ご注意ください。
  ・人格攻撃や差別発言をする。
  ・進行役から指名されないのに、発言をする。
  ・問いやテーマに関連しない発言をする。
  ・他の参加者に、対話の妨げとなるような極度に不快を与える発言
   や行為をする。
 ・下記は禁止します:
  ・Zoomやその他の方法によって録画・録音により個人が特定できる
   対話の様子を記録、SNSやWebへアップ、または他者と共有する。

3. 対話に参加する際のコツ<ご参考>
 ・退席、退場の仕方
  ・途中で一時退席するときは、ビデオ画像をオフにして構わない。
   対話に参加中はビデオ画像をオンにする。
  ・退場する(戻らない)場合は、その旨をZoomのチャットや口頭等
   で連絡をする。
 ・聴き方
  ・相手の意見が分かるまで、遠慮せずにできるだけ質問する。
  ・他者が話をしている間は急かしたり、挙手をしたりせず待つ。
  ・聴いている間はマイクをミュートを活用する。
 ・考え方
  ・問いとの関係性を常に念頭に置いて考える。
  ・自分の経験ではどうかを起点にしてみる。
  ・自分の意見が他者とは違うことは良くある。その場合はなぜ違う
   のか、あるいはその前提に注目して考える。
  ・考えが分からなくなっても構わない。
 ・発言の仕方
  ・発言する前に挙手をする。進行役に指名されたら発言をする。
  ・発言の終わりには「以上です」「終わりです」等と言って発言が
   終了したことを示す。
  ・空気を読まずに何を言っても良い。話さなくても構わない。
  ・考えがまとまっていなくても発言して構わない。
  ・話したくない・嫌なことは話をしなくて良い。
  ・最後まで聴いているだけで発言をしなくても良い。
  ・質問される、発言を促されるなどしても発言しなくて構わない。
 ・メモを取る
  ・参加者がメモを取ることは自由とする。
   *) 弊会スタッフは対話中にメモを取ることがある。

第146回さろん哲学オンライン

テーマは
 安全には何が必要か?

進行 :堀越

日時 :2022年12月17日(土)15:00~17:30

会場 :Zoom会議(URLはチケット購入後に後報)にて 

参加料:630円

予約 :こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com

定員10名
ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com
▽司会から:
   ・自由に対話したり安心して生活したりするためには、その場の
    安全が前提となる。安全とは何か。何が必要か。今回は安全に
    ついて考えてみたい。
   *)今回は、自由に対話や今年の出来事等を振り返って語り合える
    ように、対話後に任意参加の雑談時間(30分)を設定する。

●携帯からメールを送信される場合、お返事のメールが受信できるよう
迷惑メール設定を適切にご変更願います。
●さろん哲学は原則【毎月第3土曜】に開催しています
●さろんのイベントに参加申し込みをされた方にはもれなく毎月メール
ニュースが配信されます。

・当日の心構え、ルール、コツについて:
1. お勧めする心構え
 ・下記のような心構えで参加頂くと、対話を愉しめます:
  ・じっくり、ゆったり考える。
  ・他者の発言を敬意を持って最後まで聴く。また、分からないことは
   遠慮なく質問する。
  ・自分の考えや前提を見直す。

2. 禁止事項
 ・下記の迷惑行為をされた参加者はご退場頂く場合がありますので、
  ご注意ください。
  ・人格攻撃や差別発言をする。
  ・進行役から指名されないのに、発言をする。
  ・問いやテーマに関連しない発言をする。
  ・他の参加者に、対話の妨げとなるような極度に不快を与える発言
   や行為をする。
 ・下記は禁止します:
  ・Zoomやその他の方法によって録画・録音により個人が特定できる
   対話の様子を記録、SNSやWebへアップ、または他者と共有する。

3. 対話に参加する際のコツ<ご参考>
 ・退席、退場の仕方
  ・途中で一時退席するときは、ビデオ画像をオフにして構わない。
   対話に参加中はビデオ画像をオンにする。
  ・退場する(戻らない)場合は、その旨をZoomのチャットや口頭等
   で連絡をする。
 ・聴き方
  ・相手の意見が分かるまで、遠慮せずにできるだけ質問する。
  ・他者が話をしている間は急かしたり、挙手をしたりせず待つ。
  ・聴いている間はマイクをミュートを活用する。
 ・考え方
  ・問いとの関係性を常に念頭に置いて考える。
  ・自分の経験ではどうかを起点にしてみる。
  ・自分の意見が他者とは違うことは良くある。その場合はなぜ違う
   のか、あるいはその前提に注目して考える。
  ・考えが分からなくなっても構わない。
 ・発言の仕方
  ・発言する前に挙手をする。進行役に指名されたら発言をする。
  ・発言の終わりには「以上です」「終わりです」等と言って発言が
   終了したことを示す。
  ・空気を読まずに何を言っても良い。話さなくても構わない。
  ・考えがまとまっていなくても発言して構わない。
  ・話したくない・嫌なことは話をしなくて良い。
  ・最後まで聴いているだけで発言をしなくても良い。
  ・質問される、発言を促されるなどしても発言しなくて構わない。
 ・メモを取る
  ・参加者がメモを取ることは自由とする。
   *) 弊会スタッフは対話中にメモを取ることがある。