さろん哲学 第96回

第96回 さろん哲学


テーマは
「賭博」
です。


日 時:2018年8月18日(土)15:00-17:00
テーマ:「賭博」
進 行:野田
会 場:Under the mat 中目黒 
参加費:1000円程度(運営費300円+ワンドリンク付)
定 員:16名程度

ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com


司会から:
IR整備法が第196回国会で成立し、民営賭博が解禁されました。これを機に、
賭博とは何か、似ているものとの違い、許される場合などについて考えます。

朝さろん 84th morning

植物図鑑 (幻冬舎文庫)
朝さろん 84th morning
『植物図鑑』 有川浩
〈本棚拝見(リクエスト特集)〉

日 時:2018年9月9日(日)9:05-12:00
参加費:1500円程度(ワンドリンク、室料、運営費、資料代込み)
場 所:渋谷周辺の会議室利用予定(ご予約時にご案内いたします)
 本 :『植物図鑑』 有川浩(幻冬舎文庫)
定 員:8名程度(要予約)
バリスタ(進行):たけはな さん
ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com
内 容:
◆推薦者たけはな さんからの推薦コメント:
「思い出す 恋の甘さとほろ苦さ」
照れくさくなるような恋愛小説ですが、登場人物達の、相手を思う気持ちや心の動き、気持ちや心を伝える事、わかろうとする事、もどかしさ、など、恋愛ではなくても、まわりの人達との付き合い方にも参考に出来そうです。
恋愛だけにとどめず、人同士の交流という点でとらえてみたり、恋心によって主人公が変わっていく様子などを追いながらこの小説を味わえれば、と思います。人同士の付き合いに必要な事、大事にしたい事って何でしょうね?
野草の写真やレシピもあって、植物とのお付き合いもしたくなるかも?な小説です。
「植物 街並 空 見つつ 歩けばのびのび 身体もこころも」

あらすじ 『お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできた良い子です――。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所を「狩り」する、風変わりな同棲生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。レシピ付き。』


【開催概要】
《朝さろん》第2週の日曜AMに開催(都合により開催週変更の場合あり)

☆8周年記念特別会☆ 第97回さろん哲学

★☆8周年記念特別会☆★ 第97回さろん哲学


テーマは
「なぜなつかしいのか?」
です。


日 時:2018年9月15日(土)(開場:14:50)15:00~17:00
テーマ:「なぜなつかしいのか?」
進 行:堀越
会 場:Book Lab Tokyo
参加費:1,500円程度(運営費500円+ワンドリンク付)
定 員:20名程度
※8周年記念特別会となるため、開催時間や参加費が通常と異なる可能性があります。予めご承知置きください。詳細は決まり次第このHPやメールニュースにてご案内いたします。


ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com


司会から:

☆8周年記念特別会☆ さろんremix 「池上大捜査線」

★☆8周年記念特別会☆★ さろんremix 「池上大捜査線」

日 時:2018年9月24日(月・祝) 13:00-18:00
参加費:1000円(運営費・材料費等を含む)+飲食費実費
場 所:池上駅 (東急池上線)(ご予約時に詳細場所をご案内いたします)
定 員:10名程度(要予約)
進 行:楠本
ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com
内 容:
◆さろんのアーカイブを今日的な視点から解釈し、モダンでインティメイトな息吹を吹き込んだremix企画です。
◆今回は「さろん工房」の街歩き+探索型ワークショップをremix。秋のお散歩 やお出かけにうってつけな内容です♪

朝さろん 85th morning

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)
朝さろん 85th morning
『君の膵臓をたべたい』 住野よる
〈本棚拝見(リクエスト特集)〉

日 時:2018年10月21日(日)9:05-12:00
参加費:1500円程度(ワンドリンク、室料、運営費、資料代込み)
場 所:渋谷周辺の会議室利用予定(ご予約時にご案内いたします)
本 :『君の膵臓をたべたい』 住野よる(双葉文庫)
定 員:8名程度(要予約)
バリスタ(進行):一生
ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com
内 容:
◆デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、こういう本も熱く読書会しちゃいます。リクエスト特集ですから。
あらすじ 『ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて―。読後、きっとこのタイトルに涙する。「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベストセラー青春小説!』


【開催概要】
《朝さろん》第2週の日曜AMに開催(都合により開催週変更の場合あり)

朝さろん 86th morning

神様のいない日本シリーズ (文春文庫)
朝さろん 86th morning
『神様のいない日本シリーズ』 田中慎弥
〈本棚拝見(リクエスト特集)〉

日 時:2018年11月11日(日)9:05-12:00
参加費:1500円程度(ワンドリンク、室料、運営費、資料代込み)
場 所:渋谷周辺の会議室利用予定(ご予約時にご案内いたします)
 本 :『神様のいない日本シリーズ』 田中慎弥(文春文庫)
定 員:8名程度(要予約)
バリスタ(進行):楠本さん
ご予約・ご質問:こちら⇒ salontetsugaku@gmail.com
内 容:
◆父と子の「絆」を描く、新芥川賞作家の最高傑作!こんな作品もリクエスト特集ならではかもしれません。
あらすじ 『表題にある“日本シリーズ”とは3連敗4連勝という劇的な戦いとなった1986年のシリーズのこと。もし日本シリーズで奇跡が起こったら、自分の身にも奇跡が訪れるのではないか。失踪した父親の帰還を願う少年の想いは実現するのか。先日芥川賞を受賞された田中慎弥さんの傑作がついに文庫化されます。自分の息子にむかって、自らの父親のことを語る主人公。田中さんがこだわりつづける父と子というテーマが凝縮された作品です。』


【開催概要】
《朝さろん》第2週の日曜AMに開催(都合により開催週変更の場合あり)

さろん工房 準備中

ただいま準備中です。